アクセスアップ

ブログの内部リンクを充実させることで得られる3つのメリット!

ブログ内に内部リンクを貼ることのメリット

ブログへのアクセスって大体検索経由で来てくれます。
例えばこの記事だったら「ブログ 内部リンク メリット」とかでアクセスしてきてくれる人もいるはず。

で、この記事のどこかに
「実例付きの内部リンクの効果的な貼り方はこちらの記事で解説してます。」という感じで自分のブログ内の他の記事にリンクを貼ったら…。
クリックたくなりますよね?
ね!

あ、ちなみに実例付きの内部リンクの効果的な貼り方はこちらの記事で本当に解説してます

ブログの内部リンク構築が苦手な人のためのアナリティクス活用貼り方術! ブログのアクセスを増やす方法は色々あります。 SNSでバズを狙う方法。面白い記事を書いてリピーターさんを増やす方法。力技でどんど...

これが内部リンクです。
(多少強引に行きます(笑))

ちなみに、自分の記事ではなく他のブログやサイトのリンクは「外部リンク」です。
そのままですね。

そこで今回はブログの内部リンクを充実させることで得られるメリットを3つ紹介します。

1.ページビュー(PV)数が増える

例えば今あなたはこの記事を読んでいますね。
この時点でページビュー数は「1」です。

で、例えば先ほどのように内部リンクを貼って…

あなたがさっきのリンクをクリックして内部リンクの先のページを読んだら…。
ブログのページビュー数は「2」になります。

かぱ吉

クリックしてくれました?(笑)

そう、内部リンクを使えば、読者数を増やさなくてもページビュー数を増やすことができるのです。

10人の人が1ページずつ見ても10PV。
5人が2ページずつ見ても10PV。
1人が10ページ見ても10PV。

特にアドセンスブログをやっている場合、ページビュー数さえ増やせば収益も比例して伸びます。
ということは、内部リンクを充実させればそのまま収益アップにもなります。

ちなみに、僕のブログ経験的に言うと、ブログのアクセスって記事を投下していても思うように伸びない時期ってあるんですよ。

そんな時は内部リンクを充実させて、ブログに来てくれたユーザー数はそのままでもアクセス数を増やすようにするとブログを成長させやすいです。

また、この後紹介しますが、一度ブログが伸び悩んだ段階で内部リンクなどを充実させてブログの評価を上げると、そのあとの新規記事を書いた時にまたアクセスが来やすくなります。
不思議ですね。

2.直帰率、滞在時間の改善⇒サイト評価のアップ

ブログ・サイトは僕たちには見えない「点数付け」がされています。

ポチ丸

誰に?

かぱ吉

Googleに!


この点数によってブログ全体が評価されれば、投稿した記事が検索上位に上りやすくなったりします。
なので、僕も含め皆たくさん点数が欲しいわけですね。

ただ、何をしたらどれくらいの点数が貰えるか、というのはグーグルの中の人にしかわかりませんん。
もちろん僕もわかりません。

が、それでも「これは点数に関係あるんじゃないか?」と思われるものは情報として出ています。
その中で内部リンクに関係あるものが『直帰率』『滞在時間』です。

ページにアクセスしてくれた人がそのままそのページだけ読んでブログを離れてしまうことを「直帰」と言います。
アクセス解析で見ることのできる「直帰率」はこれを指してます。

一人の読者が検索で辿り着いたページ以外も読んでくれれば、直帰率は下がります。
これがグーグルさんにとっての点数を高めるんじゃないか…といわれています。

かぱ吉

もちろん先ほど触れたようにページビューも増えるので、僕たちにとってもメリットがある。

そして当然、2ページ、3ページと読んでくれれば、ブログの滞在時間もその分増えますよね。
この読者のブログ滞在時間もグーグルさんから見ると点数になるのです。

内部リンクを貼れば当然次のページを読んでもらうことで直帰率は下がるし、ブログの滞在時間も増えて点数ゲット!という訳ですね。

ということで、内部リンクを貼ってブログ内の他のページに飛んでもらうことで直帰率とページ滞在時間が改善します。

ということは…。
内部リンクを充実させていけば自然とGoogleさんからも評価されるブログになるというわけですね!

3.ページインデックス(検索結果への反映)がされやすくなる

これも目に見えないけど結構大事なポイント。

グーグルの検索結果に載る時って、グーグルの『クローラーさん』がブログの中を巡回して「あ、これ検索結果に載せよー!」って記事を見つけて載せてくれてるんです。

かぱ吉

『クローラーさん』というのはもちろん目に見える存在じゃないです。
ただこういうクローラーさんが常にウェブサイトの海の中をクロールしながらブログ・サイトを巡回して検索結果に載せている…という感じのイメージですね。

で、グーグルのクローラーさんって記事内にリンクが張ってあったらそのリンク先に飛んでそこも見回ってくれるんです。

つまり記事内に内部リンクを載せておけば、グーグルのクローラーさんによりたくさん自分のブログの他の記事を見てもらうことができるというわけですね。

特に「人気のある過去記事から新規記事」への内部リンクってアクセスも増えますし、グーグルのクローラーさんも巡回しやすくなってインデックスされやすくなったりと効果が大きいです。

番外:ファンがつくブログになりやすい

僕の面白い体験として内部リンクを充実させたらブログのリピーターのファンが増えた、という現象があります。

これは内部リンクを増やしたから「このブログ素晴らしい!」となってくれたわけではなく。
内部リンクをたどって僕のブログの他の記事を読んでいくうちに「このブログもっと読んでみたいかも!」となってリピーターやファンになってくれた人がいるということですね。

かぱ吉

あなたも僕のブログを見て回ってすっかり僕のとりこに…
なってない?おかしいなあ…。

なので、内部リンクを増やしたからと言って単なるお役立ち情報のまとめみたいなやつだったら、あまりファンやリピーターは増えません。

僕もあまり自分の考えを入れていない雑記ブログがありますが、これに関しては内部リンクを増やしても効果はあまりなかったです。

逆に自分の考えを多く盛り込んだ特化ブログに関しては内部リンクを増やすことで明らかにリピーター増になりました。

こんなこともおまけ的にあるよ、ってことで。

まとめ:内部リンク改善は収益アップにつながる。

色々と書いてきましたが、内部リンクを充実させることはアクセス増につながり、最終的には(アドセンスの場合)収益アップにつながります。

…って言っても僕も結構内部リンク貼るのめんどくさいと思っちゃう人でして(笑)
いちいち過去記事から他の記事に対してリンクを貼り直す作業って結構手間なんですよねー。
なので、僕は月に1回くらいまとめてリンクを貼り直したりしてます。

内部リンクの話はまだまだ奥が深いので、他の記事でも内部リンクの効果についてお伝えしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。